MIDI

2016年01月18日

アレをプリント基板化する計画

今週末は前作ったヤツをプリント基板化させるべく、ちょろちょろデータを作ってたやつを完成させた。
前のアレってのはこれ、クソ汚いですやんってヤツ


image


Arduino nano使ってるけど、結局Arduino IDEではなくAtmel studioで開発するよくわからないことをしてる。
うんArduinoはマイコンボードとしても超優秀なのよ。

ArduinoもといAVRマイコンは強いけど時代は32bitのARMマイコンとかラズベリーパイって感じ
まあお金がないから開発環境整えられないからしばらくパスって言って早2年…
そろそろ欲しいよね…ぬくれおボードとか凄く安いじゃん…ささっと買えよって感じだ

この話はさておき
基板の話だね。とりあえずデータ化させても汚いボードデータを見せちゃうよ

IMAGE

まあこんな感じ大きさは100*70㎜の大きさ
もったいないところが多いけどこれはヒューマンデバイスだから使いやすさは重要よね。
組み込み系の基板じゃないんだから。実際に手で操作するための基板だからね。
例えば携帯も小さすぎると操作しにくいでしょ?字も小さいと見えないでしょ?アレと同じよ
だからもっと小さくしろとか言わないでね。

だが無駄なところは多いなぁ…というかユニバーサル基板で作ったヤツと大きさがあまりかわらないなぁw
まあ発注費はそんなに高くないしいいよね!

ケースは3Dプリンターで作るしかなさそうだね。EAGLEは確かDXF出力ができるしこれは楽そう。
出来上がりが楽しみだね。





drttx at 02:24|PermalinkComments(0)