GT-100

2016年07月18日

新マルチエフェクター

僕はdigitechのRP355という旧世代マルチを使ってるわけですが...
アホのボクはペダルをぶっ壊してしまい(経年劣化か?)ゴミにしてしまったわけです。
まあ、RP355にはそれなりに不満がありましたからね...
空間系は不満は全くありませんでしたが歪系のデジタル臭さが我慢できなかったですね。
それとPC上で操作するためのエディターが使いづらいことこの上なかったです。
RP360の方ではかなり改善されたみたいだけど

これを機にエフェクターの交代です。
ボクはコンパクトエフェクターを買いそろえる財力など無いので必然的にマルチエフェクターになります。
候補はBOSSのGT-100かLine6のPOD HD-500X

これで一週間ほど迷ったんですが、GT-100の方は何やら魅力的な機能が多くあったのでGT-100を購入しました。

後悔はしていません...そもそも使ってみて後悔の「こ」の字もなくなってしまったわw

ところで出費の方は42000円、箱崩れ品のことで8000円ほど安く購入したが箱は無傷?



ちょっとよくわからない

イケベ楽器の人忙しくて間違えたのだろうか…それとも箱崩れの基準が高すぎるのだろうか…
そんなことより背景がすこぶる汚いね。

とりわけ開封


踏みやすいフットスイッチでいいですよコレ、扱いやすいしね
ただ踏んだ感覚があまりない、踏むというより押す感覚かな?

一つ一つ機能を説明するとアホほど長くなってしまうので詳しくはここを見てください

音とかのレビューは他の方がしていたり好みが分かれるのでとやかく言う気はありませんが、GT-100の音は楽しめる音ですね。僕は好きですねこの音。楽しいですよ、音作りも直感的にできますし、デュアルディスプレイのおかげで非常に楽です。

ところで本格的なレビューは機能をすべて把握してからにしますね。
実際に多機能すぎて全然把握できてない...

じゃあ今回はここまでで



drttx at 00:56|PermalinkComments(0)